【虫の日】タテハチョウの幼虫

タテハチョウという蝶の仲間がいます。

なかなか美しい蝶なのですが、幼虫はこわい感じで、しかも、パンジーなどの葉を食べるので、
知らなければ、「害虫」としてあつかわれてしまいそうです。

キッズアース播磨町校の庭先のパンジーにも、よく幼虫がいるので、「保護」しています。

さて、そのサナギがこちら。

金色の斑点があって、これもとても綺麗です。
今日は、サナギになりたての様子を観察することが出来ました。

まだ半透明で、幼虫の姿がなんとなく残っています。
さぁ、もう少し待てば、ここから蝶が出てきます。
これを「羽化」と言います。

今から「羽化」が楽しみですね。

=================

!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

理科実験教室 について詳しくはこちら
小学生のための理科実験塾
中高生のための難関校対応塾!

 

コメントを残す