【理科実験こぼれ話】マーブリングの秘密

マーブリングという実験があります。
「墨流し」という技法があるのですが、そのカラー版です。

染色用品 墨運堂 マーブリング6色セット 12ml 【メール便対応】 (15620) マーブリング 墨流し ダッチ トルコ マドレー
楽天市場
714円

 

 

染色用品 墨運堂 マーブリング5色セット 5ml 【メール便対応】 (15621) マーブリング 墨流し ダッチ トルコ マドレー
楽天市場
476円

 

 

出してらっしゃるのが、「墨運堂」さん。
奈良で200年続く「墨」のメーカーです。

実験教室で行う「墨流し」は、墨汁と油を使って、模様をつけていくのですが、
カラーマーブリングは、この彩液を使って模様をつけていきます。

では、絵具を使ったらどうなるのでしょうか?
絵具は沈むと予想されますが、油性インクなら、水に浮いて面白いかもしれません。

というわけで、実験した結果がこちら。

絵具は水に沈むので、ほとんど色が写りません。
油性インクは、水に浮くのですが、細かい破片のようなものになってしまい、紙になじみません。

 

やはり、マーブリングの液は美しく仕上がります。
まぁ、分かってたというか、実験用にマーブリング液は買ってあるのですけどね。

こうやって、違いを比べてみる、というのも、立派な実験。
実は、自由研究などは、実験そのものよりも、せっかく調べたことを「どうまとめるか」が大切なのです。

キッズアース本校の長期休暇企画では、ここまで含めた研修を行っています。
興味のある方は、是非参加してみてください。

 
サイエンスショー についてはこちら
小学生のための理科実験塾
中高生のための難関校対応塾!

 

コメントを残す