【家でもできる科学実験2】目の不思議1

4月1日14時から、ZOOMにてLIVE配信した、タック先生の「家でもできる科学実験2」
今回のテーマは「目の不思議(ふしぎ)」!
第1回/第2回/第3回/第4回/第5回

過去の配信分はこちら
家でも出来る科学実験~表面張力の謎~
オンライン・サイエンスショー~空気で遊ぼう~」)

すぐにでも家で出来る実験を紹介していきましょう!

お子様と一緒に、おうちで科学実験を楽しんでみませんか?

今回の実験を始める前に、お話したい画家さんがいます。

オランダの画家、M.C.エッシャー氏です。

(写真はwikiより)

私は、小学生の頃に、エッシャー氏の作品の作品を紹介した本に出合って、衝撃を受けました。
たくさんの作品が載っていて、どれも心惹かれたのですが、その中から、「昼と夜」という作品を紹介させて頂きます。

画面左にいる黒い鳥から右に視線を移していきましょう。
黒い鳥と黒い鳥の隙間だったところが白い鳥になり、
黒い鳥は白い鳥の背景になって消えてしまいます。

次に、真ん中の上から下に視線を移動します。
白い鳥、黒い鳥がくっついているかのように並んでいたはずが、
だんだんその形があいまいになって、白と黒の畑に形が変化していきます。

また、左の風景と右の風景は鏡に映したように同じですが、
片方は昼、片方は夜に見えます。

不思議な絵ですね。

エッシャー氏は、他にも様々な「不思議」を感じさせてくれる作品をたくさん描いています。

今回は、このような不思議に隠された秘密、
「目に見える」不思議さを順番に見ていきます。


では、まず、古典的錯視と呼ばれるものの中から、大きさが変わって見える「錯視」を見ていきましょう。

<実験ナンバー1>

【タイトル】古典的錯視(ミュラー・リヤー錯視)

【用意するもの】白紙、鉛筆、定規

【実験手順】

  1. 図の上と下の直線部分について、長く見える方を選ぶ
  2. 定規を当ててみる
  3. 自分でも描いて確かめてみる

 

自分でも簡単に描いて確かめられますから、是非やってみてくださいね。

 


 

<実験ナンバー2>

【タイトル】古典的錯視(ジャストロー錯視)

【用意するもの】白紙、鉛筆、定規、ハサミ

【実験手順】

  1. 黄色と緑と青の図形について、大きく見える図形を選ぶ
  2. 定規を当ててみる
  3. 自分でも描いて、ハサミで切り取って、大きさを確かめてみる。
プリントアウトして、ハサミで切り取ってみると良く分かると思います。
バウムクーヘンでやってみると、食べることも出来ますよ(笑)!

 


<実験ナンバー3>

【タイトル】古典的錯視(エビングハウスの大きさ錯視)

【用意するもの】白紙、鉛筆、定規

【実験手順】

  1. 図の右と左の黄色い円について、大きく見える方を選ぶ
  2. 定規を当ててみる
  3. 自分でも描いて確かめてみる

 

図で描いてしまうと、説明が難しいのですが、月の出の時に大きかった満月が、上ると小さく見える、という現象がありますね。

これは、月が低い時には、遠くにある(大きな)建物より大きく見えるので、本当の大きさ以上に大きく感じ、上ってしまうと、大きさを比較するものがなくなり、広い夜空に一つ、ということになってしまうので、小さく感じられてしまう、ということだと思われます。

錯視を伴う現象は、身近にたくさんあるのです。

もう少し見ていきましょう。

 


と、その前に…

今回は、「錯視」について、様々な書籍、サイトを参考に資料を作成しています。

第1回の図については、私が作成しておりますが、「錯視」について、より深く知りたいという方は、是非下記各サイトをご利用ください。

古典的錯視 illusion forum
立体視 キャノンサイエンスラボ・キッズ
補色残像 カラフルモノトーン(アプリ)
動く錯視 北岡明佳の錯視のページ
立体錯視 杉原厚吉

 

illusionforumさんは、NTTの研究所が運営しているサイトで、各種錯視について、綺麗に分類してあり、さらには「錯視」だけではなく、「錯聴」についても扱っているおススメのサイトです。

他のサイトについては、話題に出てくるタイミングで紹介していきます。

 

また、こちらの本も参考にさせて頂いています。

 

 

 


さて、この記事は、ZOOMを使って、4月1日14時から配信した実験に基づいています。

 

ZOOMは、スマホでもPCでも、リンクにアクセスするだけで、会議などにリアルタイムで参加出来るシステム

 

今回、この場を提供してくださった「こねくとらいん」さんは、様々な「好き」や「特技」を持った人たちの世界をWeb会議ソフトZoomを使って皆さんとシェアしあうコンテンツ。

スマホなどを使って、今まで出会ったことのない世界に触れてみることが出来ます!
配信予定は下記の通りです。

 

詳しくは、こねくとらいんのページから!
新しい世界に「アクセス」してみてください♪
 
サイエンスショー についてはこちら
小学生のための理科実験塾
中高生のための難関校対応塾!

 

コメントを残す