【家でもできる科学実験2】目の不思議2

4月1日14時から、ZOOMにてLIVE配信した、タック先生の「家でもできる科学実験2」
「目の不思議(ふしぎ)」の第2回です!
第1回/第2回/第3回/第4回/第5回

過去の配信分はこちら
家でも出来る科学実験~表面張力の謎~
オンライン・サイエンスショー~空気で遊ぼう~」)

すぐにでも家で出来る実験を紹介していきましょう!

お子様と一緒に、おうちで科学実験を楽しんでみませんか?

第1回では、大きさが変わって見える「錯視(さくし)」を見ていきました。

今回は、目が二つある秘密についてみていきます。


<実験ナンバー4>

【タイトル】両目と片目

【用意するもの】A4の白紙

【実験手順】

 

  1. A4の白紙を4つ折りにする(目を隠す用)
  2. 左手でOKのサインを作る
  3. 両目で見て、OKの丸のところにリンゴが入るようにする。
  4. 右手に白紙を持ち、右目を隠す(左手は動かさない)
  5. 右手に白紙を持ち、左目を隠す(左手は動かさない)

さて、両目で見たとき、右目を隠したとき、左目を隠したとき、全部同じでしたか?
これを確かめてから、次の実験を行います。

 


 

<実験ナンバー5>

【タイトル】片目でキャップをしめられる?

【用意するもの】キャップ付きのペン(鉛筆とキャップでも可)

【実験手順】

  1. キャップ付きのペンからキャップを外す
  2. <実験ナンバー4>で、右目を隠したときに絵が変わった人は右目をつむる(左目だった人は左目)
  3. 片目でキャップをしめる
1回でキャップをしめることが出来ましたか?
片目だと、距離感をつかむのが難しいですね。
人間は両目で見ることで、モノを立体的に認識して、距離感をつかんでいるのです。
もう一つ、両目を使った面白い実験をしてみましょう!

 


<実験ナンバー6>

【タイトル】手に穴があく!?

【用意するもの】白紙

【実験手順】

  1. A4の用紙を筒状に丸め、右手で持って右目で覗く
  2. 両目をあけたまま、左手を筒にくっつける。

 

手に穴はあきましたでしょうか?

我々は、右の目で見たものと、左の目で見たものを、脳の中で合成して認識しています。
なので、筒を使って、強引に右目と左目で見る景色を変えると、不思議な風景が見えるようになるのです。

次回は、「あるはずのものが消える!?」です。

 

その前に…

今回は、「錯視」について、様々な書籍、サイトを参考に資料を作成しています。
第1回、第2回については、私が作成しておりますが、「錯視」について、より深く知りたいという方は、是非下記各サイトをご利用ください。

古典的錯視 illusion forum
立体視 キャノンサイエンスラボ・キッズ
補色残像 カラフルモノトーン(アプリ)
動く錯視 北岡明佳の錯視のページ
立体錯視 杉原厚吉

 


今回関連するのは、キャノンサイエンスラボ・キッズさんのサイト。

この中に、「写真が飛び出す3Dメガネ」というページがあります。

このページでは、歯磨きの箱などを使って、3Dメガネを作っていますが、もっと簡単に、A5サイズの紙をつつ状に丸めたものを二つ作るだけでも出来ます。

この実験をするには、写真を2枚撮って並べる必要があるのですが、このサイトには、写真のサンプルがあるので、プリントアウトしても、画面上に出してでもやってみると面白いですよ。


さて、この記事は、ZOOMを使って、4月1日14時から配信した実験に基づいています。

 

ZOOMは、スマホでもPCでも、リンクにアクセスするだけで、会議などにリアルタイムで参加出来るシステム

 

今回、この場を提供してくださった「こねくとらいん」さんは、様々な「好き」や「特技」を持った人たちの世界をWeb会議ソフトZoomを使って皆さんとシェアしあうコンテンツ。

スマホなどを使って、今まで出会ったことのない世界に触れてみることが出来ます!
配信予定は下記の通りです。

 

詳しくは、こねくとらいんのページから!
新しい世界に「アクセス」してみてください♪
 
サイエンスショー についてはこちら
小学生のための理科実験塾
中高生のための難関校対応塾!

 

コメントを残す