【理科実験教室】どこまでひやせる?

理科実験教室ベーシッククラスは「どこまでひやせる?」。
「おんどけい」につづいて、おんどをしらべます。
「0℃(ど)」より下のおんどを、「マイナス」といいます。
「マイナス」の「かず」がおおきくなるほど、つめたくなりますよ。
氷よりつめたいおんどにすることはできるでしょうか。
氷のおんどをはかると、ほぼ「0℃(ど)」です。
この氷に「あるもの」をかけると…どんどんおんどが下がっていきます。
マイナスのおんどになっているので、しけんかんに入れていた水も、このとおり!
「あるもの」の正体はなんと「しお」。
「しお」をかけるだけで、マイナスのおんどになるのです。
「しお」をかけると、氷があなだらけになりましたね。
これは、氷がとけているのです。
雪をとかすのにも、おなじようなしくみがつかわれているので、しらべてみましょう。

 

理科実験教室 について詳しくはこちら
小学生のための理科実験塾
中高生のための難関校対応塾!

 

コメントを残す