【理科実験教室】地震と共振

理科実験教室ハイクラスの授業は「地震と共振」。
実はこの実験、前回の「振り子」の実験とも深い関係があります。

まずは、簡単な実験装置作りから。

さすがにハイクラスともなると、手慣れたものです。
まぁ、今回は簡単ですしね。

あっという間に出来ました。

では、この装置を横にゆっくり大きく動かしてみましょう。
次は、早く小刻みに。
その中間くらいではどうですか?

どれが一番揺れたでしょう?

 

さらに、共振について学ぶために、もう一つ装置を作ります。

 

短い振り子のどちらかを前後に揺らしてみると…。
面白い現象が起こりましたね!

長い振り子を揺らしても、何も起きません。

でも、もし、もう一つ同じ長さの振り子があったとしたら…?
あるいは、おもりの重さを変えてみたらどうなるでしょう?

同じことが起こるでしょうか?

こうやって思いついたことを試してみて、しっかりと記録して、
その理由を考えたり調べたりすれば、立派な自由研究になりますよ。

理科実験教室 について詳しくはこちら
小学生のための理科実験塾
中高生のための難関校対応塾!

 

コメントを残す