【気象観察】不思議な虹「環水平アーク」と「暈(かさ)」

8月8日、ふと見上げた空に、虹?が輝いていました。

しかし、虹にしては丸くないですし、雲の中だけに見える気がします。

虹のかけらみたい。

この気象現象、「環水平アーク」というそうです。

雲の中にある氷の結晶の向きが揃い、光が上手く当たると、氷の粒がプリズムとなって光を分けて見せてくれるとのこと。

また、同じタイミングで、「暈(かさ)」も観ることが出来ました。

これも、雲による太陽光の屈折で見られる現象。
暈(かさ)」は「白虹(はっこう/しろにじ)」とも言うそうです。

今回見た、これらの現象については、この本で調べました。

 

「環水平アーク」を見て、改めてこの本を見てみると、知らない気象現象っていっぱいあるなぁ、とうことに気付かされます。

良いものを見ることが出来ました。

コメントを残す