【桜山公園まつり2019】科学の屋台村⑤ ひんやりパックを作ろう!

7月21日、「桜山公園まつり」の「科学の屋台村」レポート⑤は、
姫路市立糸引小学校さんの「冷た~いひんやりパックを作ろう!」です。

これも簡単な実験です。

チャック付きのビニル袋に、魔法の粉を入れます。

これに水を加えて、溶けるようによくもみます。

すると…ほら、ひんやり!


この「魔法の粉」の正体は「尿素肥料」。

尿素1kg[肥料] 尿素1kg[肥料]

321円
楽天

園芸用の肥料です。

この「尿素」は保湿剤などにも使われています。

 

尿素は水と混ざると、熱を吸収する効果を発揮します。
「瞬間冷却材」の材料には「尿素」がありますから、見てみてくださいね。

 


効果は10分程度。

持って帰って、庭の植物にまきました。
肥料なので、こんな使い方も可能なのです。

頂いたプリントには、「尿素結晶」を見る実験も書かれていましたよ。

身の回りにも、様々な科学の成果が利用されています。
実際に研究してこられた方がいるからこそ、追体験としての実験が安全に出来るわけですね。

暑い夏、こういうひんやりな実験、いかがでしょうか。

コメントを残す