【二十四節季】大暑(たいしょ)

2019年7月23日は二十四節季の一つ「大暑(たいしょ)」。
名前からして暑いですね。
また、七十二候には
「大雨時行」:大雨が時として降る
というのがあります。
夕立の季節のイメージですね。

 

また、「暑中見舞い」の時期でもあります。

さて、「大暑(たいしょ)」のフジやハナミズキはどうなっているでしょう。
モクレンや、ジンチョウゲ、サルスベリも見ておきましょう。
夏至(げし)」「小暑(しょうしょ)」の時の写真とあわせてご覧ください。

 

フジ

 

モクレン

 

ジンチョウゲ

 

ハナミズキ

 

サルスベリ

 

 

フジやモクレンの葉は夏になってだいぶ茂りました。
また、ハナミズキの実が大きくなり、サルスベリの花が咲きだしました。

さて、次の二十四節季は、8月8日の「立秋(りっしゅう)」です。
「秋」という字に驚かされますね。

ちなみに、2019年7月23日は、旧暦では6月21日。
2019年8月8日は、旧暦では7月8日。

旧暦だと「夏」は4・5・6月、「秋」は7・8・9月なので、
今は夏の終わり近く、「立秋」は秋のはじめ頃ということになります。

 

理科実験教室 について詳しくはこちら
小学生のための理科実験塾
中高生のための難関校対応塾!

 

コメントを残す