【国立西洋美術館】ル・コルビュジエ展

国立西洋美術館では、5/19(日)まで、60周年記念展として
ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代』という展覧会が開催されています。

ル・コルビュジエと言えば、近代建築の巨匠。

(写真はwikiより)

絵画や彫刻を主として展示する、国立西洋美術館の60周年記念で、
なぜル・コルビュジエなのかと言えば、国立西洋美術館が彼の設計であり、
ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-
の一つとして、世界文化遺産となっているから、です。

内部から建物については撮影可だったので、吹き抜けの感じを撮ってみましたが、難しいですね。

当初は全体として螺旋構造を取り、
収蔵物が増えるに従って、螺旋状に拡大していく、
無限成長建築」というコンセプトで設計されていたそうで、
実際に拡大していく様子を見たかった、という気がします。

(windows map より)

展覧会自体は、ル・コルビュジエの絵画作品に焦点を当てたもの。

ピカソなどの「キュビズム」に近い「ピュリズム」という絵画を描いていた、ということなのですが…。
正直、「キュビズム」との違いがほとんど分かりません(笑)

この展覧会には、ピカソブラックといった、「キュビズム」の巨匠の作品も出品されていて、
常設展でも「キュビズム」の大作を見ることが出来ますから、そういう絵画と見比べられるのは、面白いですね。

ル・コルビュジエが絵画で実践してきた、モノをコンセプトで捉え、配置していくという視点が、
近代建築の五原則:ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由なファサード
につながっていったのかな、という視点で見てみると、興味深いかもしれません。

いずれにせよ、建築より絵画に重点が置かれた展覧会ですので、建築好きが行くと違和感を感じるかも。

私自身は、久しぶりの国立西洋美術館、常設展も含めて楽しんできました。

 

中高生向け授業 についてはこちら
小学生のための理科実験塾
中高生のための難関校対応塾!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です