【国立科学博物館】『大哺乳類展2』に行ってきました!

知のワンダーランド、国立科学博物館

 

3/21(木)~6/16(日)まで『大哺乳類展2』が開催されています。

春休みに加えて、GWの10連休でも見ることが出来ますね!

 

本当に圧巻の展示でした。

 

 

入館してすぐに象の骨。

その上には、象よりもさらに大きな哺乳類の骨の一部が浮かんでいます。

 

 

一部だけなのにとてつもなく大きい。そう、クジラのあごの骨です。

何だろう、骨だけなのにワクワクする(笑)

 

ここから「哺乳類の生存戦略」の紹介が始まります。

最初は「どうやって“移動”するのか」。

 

(ライオン・キリン・サイ・カバ)

 

ウマやシカの歩き方、走り方から始まって、

チーターの速さの秘密、ガゼルの連続ジャンプの秘密、

骨を見ながら、その謎に迫る展示は非常に面白い。

 

 

「歩き方」という切り口からだけでも、生物の多様性について考えさせられます。

そして、二足歩行する「人間」という生き物の特殊性についても。

 

続いては「生物大行進」。撮った写真はあえて公開しません。

角を曲がった先には、あんな生き物やこんな生き物、本当に多種多様としか言いようのない、

大きさも姿形も全く違う個性的な「哺乳類」の剥製がずらりと並んで、「行進」していました。

まさに圧巻。

 

 

上から吊り下げられているのは、海の哺乳類たち。

背景に見えているのは…クジラで、反対は骨格が見えるようになっています。

 

 

展示は、食べるための「歯」「アゴ」「胃」へと続き、オスの繁殖作戦、コドモの戦略へと続きます。

 

 

楽しく、見応えのある展覧会でした!

 

 

理科実験教室 について詳しくはこちら
小学生のための理科実験塾
中高生のための難関校対応塾!

 

コメントを残す